2013年02月18日

帰って来ました。

 さて、ようやく帰宅。

 会場についてもまだ信じられないっていうか、なんて言うか、ぜんぜん実感ないんですが、確かに先輩の写真が飾られた祭壇がしつらえてありました。

 12日に体調不良で会社を休むとの連絡があり、翌13日(出版関係の仕事をしておられて、13日は締切日とのこと)も出勤してこず、連絡も取れないことから、同僚の方が家に向かわれたところ、すでに手遅れの状態だったそうです。

 先輩には、大学在学中から色々よくしてくださり、東京に出張に行った際も、家に泊めさせてもらったりもさせていただいていました。
 数年前に体を壊されて、療養を余儀なくされ、それまで努めておられた超有名模型会社を退職されたあとも、やはりそっち方面のお仕事を希望されたのか、模型雑誌の編集に返り咲かれたほど、好きな事に向かっていくバイタリティは素晴らしいと思っておりました。
 
 本当に、なかなか言葉が出て来ませんが、毎回コミケ時の飲み会で、あの先輩の笑顔が見られないと思うと残念でなりません。

 今はただご冥福をお祈りします。
 あちらでも好きなプラモデルをたくさん作っていてください。
posted by 終わってる男 at 00:32| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック