2011年08月18日

今日買ったマンガ。

結界師(35)」田辺イエロウ
田辺イエロウ短篇集フェイク!」田辺イエロウ
ポップコーンアバター(6)」星野倖一郎
最上の明医(6)」入江謙三×橋口たかし
この彼女はフィクションです。(2)」渡辺静

 結界師とポップコーンアバターが最終巻でした。
 結界師は、お母さんの件はちょっと気の毒でしたが、大団円でした。ワシ的にはお母さんもどうせ平時にはどっか飛び回ってるだろうし、こっちの世界に戻してあげても良かったんじゃないかなと思うんだけど、どうだろう。あと、もう少し後の時間のエピローグも見たい気もする。ま、田辺先生の次回作に期待です。

 ポップコーンアバターは、さあ、戦いはこれからだパターンでしたね。強引にラスボスを仕立て上げたって感じ感ありありです。もう3巻くらいの余裕があればなあ。

 あと、この彼女は・・・はやっぱり先輩だよね。みちるはちょっとうざい。
posted by 終わってる男 at 23:48| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック