2012年04月22日

妹の家に行って来ました。

 さて、今日実家に荷物を取りに行って、昼ごはんを食べたんですが、その後、何故か成り行きで妹の家に親を送っていくことになりました。

 妹は、宇治に住んでるんですが、前の家をとある事情で追い出されて、新しいマンションに引っ越したので、嫁旦那の両親とうちの両親が集まって夕食を食べるとのことらしい。
 で、両親を妹の家まで送っていったのですが、場所は前のマンションの隣のマンションでした。

 それで、妹の家におじゃまして、お茶を頂いて嫁旦那の両親と世間話などをして、我々夫婦はその後買い物などをしないといけなかったので1時間くらいで帰って来ました。

 向こうの両親もなかなか気さくな方でなかなか面白いひとときを過ごすことが出来ましたよ。
 ま、案の定、うちのオカンのキャラクターが強烈でほとんど一人でべらべら喋ってたんですけどね。
posted by 終わってる男 at 23:44| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう限界…。

 さて、昨日は大学の後輩たちとハイキングに行って来ました。

 じつは、ワシ、当日まで詳しい行き先知らなかったのでドキドキでしたが、電車に乗ってついたところは能勢電山下駅。ここから三草山に登るらしい。ワシは能勢電に乗った時にはてっきり妙見山に登るのかと思ったのですが、三草山ってどこ?

 で、山下駅からしばらくバスに揺られ、道の駅のそばで下車。周りはもうのどかな里山の風景です。
 そんな里山をしばらく歩いて、慈眼寺という寺に到着。
 ここで、庭の掃除をしていた住職さんに三草山やら、お寺やら、近隣の集落の云われを1時間近くも公爵いただき、縁起の書かれた本まで頂きました。大学の時に歴史を専攻していたワシにとっては、人文地理学っぽいお話でなかなか面白かったです。その上、弁当を食べる場所も提供いただきましたよ。
 で、なんでここのお寺に行ったかというと、これがうちの嫁のリクエストらしくて、このお寺に娘とおおかみっていう昔話が伝わってるらしくて、狼の石像も設置されてましたよ。まあ、話の詳細はリンク先でみてくださいな。

 さて、それからいよいよ三草山へ登山ですよ。
 って言っても、三草山って標高5百数十メートルしか無い山で、しかも、もうお寺の時点でおそらく標高200メートルはあるので、たかだか200〜300メートル登ればいいだけ、と思っていましたよそれまでは。

 まあ、計算上はそうなんですが、計算外というかなんというか、予想以上に体が訛っておりまして、それはもう、地獄のような道中でしたよ。
 もう、ワシの体力では男山が限界みたいです…。
 でも、頂上は桜満開で、遠くは大阪湾まで見渡せてそれは絶景でしたよ。

 で、下山して梅田に戻ってみんなで打ち上げして呑んだくれて帰宅してきました。

 …案の定、筋肉痛が…。orz
posted by 終わってる男 at 23:37| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日買ったマンガ。

オトメン(15)」菅野文
マンキツ(4)」春輝
たいようのマキバオーW(3)」つの丸
クロスアンドクライム(7)」葉月京
ヨルムンガンド(11)」高橋慶太郎
ゴールデンタイム(1)」竹宮ゆゆこ×梅ちゃづけ
マクロスプラスタックネーム(2)」U.G.E
うみねこのなく頃にEpisode4(6)」竜騎士07×宗一郎
うみねこのなく頃に散Episode5(3)」竜騎士07×秋タカ
うみねこのなく頃に散Episode6(3)」竜騎士07×桃山ひなせ
大人の1ページ心理学(4)」ゆうきゆう×ソウ

 また半分くらいしか読めてない。積み漫画が増えていく。

 読んだ中ではマクロスプラスが最終巻でした。
 まあ、予想通りの展開ですね。案の定、ゼントランの人は噛ませ犬だし、思わせぶりなそばかす整備ねーちゃんも特にどうってことなかったし。
 
 マキバオーは、まあ、予想された展開だよね。Wってタイトルなんだから。でも、マキバオーがほとんど出てこないこの漫画をマキバオーと言っていいのか。
 
posted by 終わってる男 at 23:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。